明太子 賞味期限切れ 腹痛 危険いつまで?

明太子 賞味期限切れ 腹痛 危険 いつまで宅配食材

この記事を書いている今まさに腹痛に悩まされています。明太子ではありませんが、「何に当たったのか・・・」ということで、賞味期限切れで腹痛を起こさないためにも正しい知識と、正しい保存方法を知ることで美味しく明太子が食べられますので、是非こちらの記事をご参考に美味しい明太子ライフを送って頂ければ幸いです。

明太子 賞味期限切れ 腹痛/明太子の賞味期限はいつまで?

お中元やお歳暮で、明太子をいただくことってありますよね。

明太子はおいしいですが、塩分も多く一度にたくさん食べることはあまり好ましくありませんので、おそらく一日に食べる量は片腹(明太子のかたまり一本)程度かと思います。しかし、生鮮食品である明太子、いったい賞味期限はどれくらいもつんでしょうか?明太子の賞味期限は、一般的に下記の通りとされていることが多いです。

冷凍状態→3か月

冷蔵状態→1週間

冷凍しておくと日持ちがよく、一人でも食べきることができそうな期間がありますね。実際に明太子を腐らせるまでには、厳密には賞味期限が切れてから数日~数週間あると言われますが、販売元は最後まで美味しく食べてもらうため、上記のような賞味期限を設定している可能性があります。ちなみに、焼いた明太子ではどうでしょうか?

明太子やたらこは、焼いた状態でも風味が落ちてしまうなどの理由から賞味期限は生の状態と同じです。腹痛には誰しもなりたくないので、もし賞味期限から結構過ぎたな、と思ったときは、五感をフル活用して明太子の状態をチェックしてみましょう。

  • 変なにおいがする
  • 明太子が糸を引いている
  • 明太子の色が変色している

上記のような異変が見られたら、腐っています。迷わず食べるのをやめましょう。賞味期限内はおいしく食べれるので、正しく保存して最後まで美味しい明太子をいただきましょう。

明太子の正しい保存方法は?長持ちさせる方法

明太子の正しい保存方法は?長持ちさせる方法

おいしさをキープして長持ちする知識を活用して、最高の状態で明太子を食べる方法はあるんでしょうか?

明太子を美味しく食べる保存方法について解説していきたいと思います。

まず始めに、通常の保存方法で保存した場合の明太子の賞味期限ってどれぐらいだと思いますか?

そう、冷蔵だとその期間は実に7日間。やっぱりちょっと短いですよね。でも、冷凍保存すれば賞味期限は1か月と、ぐんと長くなります。

では、そこでさらに、明太子を毎食おいしくいただくためにできる工夫を少しご紹介しましょう。

・小分けにして保存

明太子を小分けにしておくと、冷凍保存しても毎回新鮮な明太子を食べられます。

明太子を一度冷凍すると、細胞壁が破壊されやすくなり、解凍のしかたによって味を損なう可能性がありますので、下記のように保存、解凍することをおすすめします。

明太子は、一腹(1個)ずつラップで包んでなるべく空気に触れないように保存すると良いでしょう。

解凍する際には、ラップで包んである明太子をビニール袋などに入れて空気を抜き、明太子に直に水がかからないように流水または水につけて解凍すると、短時間でおいしく食べられます。時間があるときには、冷蔵庫に入れ替えておくといいでしょう。1腹ずつ包むことで無駄に解凍しなくて済みますので、毎回食べる明太子の鮮度を損ないにくくします。

また、無理して余計に食べてしまって食べ過ぎになる心配もありません。

明太子 賞味期限切れ 腹痛/冷凍だとどれぐらい持つ?

冷凍した明太子は1か月ほどもつようになるといいましたが、1か月を過ぎると果たして冷凍でも腐ったりするのでしょうか?

明太子は、商品によってその賞味期限は幅があり、未開封であれば1か月~4か月ほどもつものもあります。

明太子は、スケトウダラの卵巣を調味液で漬け込んだものです。なので、調味液の成分によってその賞味期限にも差があるんですね。

それでは、実際に4か月を過ぎたら明太子は冷凍庫の中で腐っているんでしょうか?

実は、明太子は生ものですが、記載されているのは“消費期限”ではなく“賞味期限”です。賞味期限というのは、品質が変わらずに食べることができる期限を示しています。賞味期限は、化学的、物理的な試験を通して設定されています。賞味期限はあくまでも味を損なうかどうかが重要ですので、1日過ぎたから腐っている、というものではありません。

とはいえ、見た目から味、菌の増殖まで厳しい検査をして設定されているので、賞味期限からはできれば3日以内には食べていただいたほうが、最後までおいしくいただけるでしょう。

明太子 賞味期限切れ 腹痛/冷凍保存だからと言って油断大敵

冷凍で明太子を保存すると日持ちが長くなると書きましたが、冷凍は明太の子である卵の細胞を破損させるリスクを伴います。

美味しさはやはり大事ですので、購入やいただきものの明太子が届いたらすぐに冷凍せず、なるべく1週間以内に食べる分はそのまま冷蔵で楽しむといいでしょう。

また、アニサキスという強烈な腹痛を引き起こす寄生虫はマイナス20℃で死滅するといわれています。

明太子は作る過程ですでに一度氷温処理を経ていますので、基本的には心配はいりませんが、冷凍しておくことでこういった寄生虫の被害を防ぐことはできます。

しかし、アニサキスをはじめスケトウダラの卵巣に寄生しやすいリベリニアフィロメトラなどの虫は、死滅しても体が消えるわけではありませんので、たまにそのまま明太子にはりついている場合があります。

食しても無害ですが、見た目が非常に悪いので、省いて食べましょう。

明太子 賞味期限切れ 腹痛/冷蔵での保存方法

冷蔵で明太子を保存するときも、食べる分だけカットしてひとつずつ保存することはおすすめです。

そのまま買った状態もしくはいただいた状態で保存することも可能ですが、少しずつ食べる場合には日を追うごとに明太子のはしっこから乾燥してくる可能性があります。

乾燥を防ぐためにも、ラップで包んだり、食べる分ずつ器を分けることがおすすめです。

明太子 賞味期限切れ 腹痛/正しい解凍方法について!

通常、家庭用の冷蔵庫はマイナス18℃前後でゆっくりと凍結されていくしくみになっています。

そのため、冷蔵で届いた明太子を冷凍させると、明太子の細胞壁が破壊されて水っぽい味になってしまうのです。

買ってくるときの冷凍された明太子は、業務用の冷凍庫(マイナス30℃前後の急速冷凍)で凍結されているため、細胞壁の破壊はされにくくなっています。

ですから、冷凍で明太子が届いたときには、食べる分以外はすぐに冷凍庫に入れておくと、鮮度が変わらないまま保存でき、解凍してもおいしくたべることができるでしょう。

解凍するときは、数時間前に冷蔵庫へ移しておくことをおすすめします。緩やかな温度変化で鮮度を保ちながら解凍できるからです。

お急ぎの際には、流水や冷たい水に浸しておくのもおすすめです。このとき、明太子に直に水がかかると味が損なわれますので、ビニール袋などに入れて解凍しましょう。

明太子 賞味期限切れ 腹痛/まとめ

いかがでしたか?

いただきものでたくさん明太子をもらったけど、全部おいしく食べきれない・・・と悩んでいる人も多かったのではないでしょうか。

明太子は火を通していない生ものですが、塩分を含んだ調味液で味付けされているため、お刺身などの生ものよりは日もちがします。

また、冷凍することで鮮度の延長ができ、ごはんやお酒の肴として食べるだけでなく、毎日のごはんのおかずに少しづつ使うこともできるようになります。

パスタや炒めものなど、和洋折衷の料理に相性がいい明太子を、最後までおいしくいただきましょう。

タイトルとURLをコピーしました