明太子の数え方とは?1腹単位は?

食べ物の数え方は、ときに、とてもユニークだったりしますよね。結構意味深い単位だったりもします。

では、明太子の数え方ってどうやって数えますか?単位は?意外と知っていそうで知らない明太子の数え方についてご紹介いたします。

ご参考にして頂ければ幸いです。

明太子 数え方/売られている状態の数え方

明太子を「一腹」と数えるのを聞いたことがありますか?

スーパーやコンビニなどで売られている明太子を見たとき、あなたはどんな風に明太子を数えるか思い出してみてください。おそらく、深くは考えないと思いますが、一本二本と数える方が多いのではないでしょうか。

実際に、明太子が並んで売られているものを数える場合、卵の塊1つに対して1本という数え方で問題はありませんが、あの小さな卵がたくさん入った塊が、魚の体のどこに位置しているのかまでは、なかなか考えないですよね。(もしくはそこまで考えたくない場合もあるかもしれません。)

明太子やたらこの一本は、ちょっと太めのウインナーのような形をしています。長い棒のような状態のものを数えるとき、私たちは1本2本・・・と数えることが多いでしょう。

この卵が入っている袋状のものは、スケトウダラの卵巣なんです。

スケトウダラのみでなく、魚卵の多くは左右の卵巣を丸ごと取って食べる場合があります。数の子もそのひとつです。

そのため、一対でまとめて一つ(一匹)のおなかにあることから、「一腹」というカウントをします。つまり、魚一匹分の卵ということですね。

しかし、売られている卵は必ずしも対になっているわけではなく、食べやすように、もしくは分けやすいように一本ずつ切り離されていたりもします。

この切り離された状態を、一本とよんだり「片腹」とよんだりもします。

明太子 数え方/単位

明太子は、たらこと同じくしてスケトウダラの卵から作られますが、たらこも明太子も、産出前の卵を使うため「一腹(ひとはら)」という数え方をします。

私たちがたらこや明太子を買うとき、太めのウインナーのようなかたまりを「一本」というように数えがちですが、実はこの「一本」は実はイコール「一腹」ではないのです。

一腹は、二本のかたまり。スケトウダラのおなかの中では、卵巣は左右にあるので、その中の卵は二本で一対になります。そのため、二本を一腹と数えるのです。

また、この一腹の中に実際に入っている卵の数は、なんと5万~100万粒!大型になるほどたくさんの卵を産みますが、大きいスケトウダラは体長60cmになるものもあるのだとか。

スーパーや通販などで、実際に購入して見るときには、すでに1本ずつが切り離されている場合が多く、一腹のカウントを実感できるときは少ないかも知れません。

一腹の単位は卵の塊2本分を表しますが、パックなどで売られている場合、切り離されて3本入っていたりもするので、本数で数えることが間違いなわけではありません。

一腹のほかにも、スーパーや通販で「切子」として売っているものをみたことはあるでしょうか。

この切子とは、製造過程で切れてしまった明太子の切れ端および破片のことを呼ぶもので、単位ではありません。なので、切子を数えるときは「kg」などで量を表現します。

また、魚市場などの専門店では、「一羽」という数え方をするところもあります。

左右つながった卵巣は、天使の羽のような形をしていませんか。

羽を連想できるこの数え方は、お買い物をする方々の気持ちに配慮してできたともいわれています。

ありがたくスケトウダラの卵をいただくために、食べる前にぜひぜひ知っておきましょう。

明太子 数え方/まとめ

いかがでしたか?

スケトウダラの卵、たらこや明太子の数え方についてご紹介しました。

意味を考えると、生き物から恵みを受けている実感がわいてきます。

スケトウダラは今でこそあらゆる原料にも使われますが、もともと足の早い魚として、その卵を生かすようにたらこや明太子がうまれました。

明太子に至っては、食されるようになったのはなんと昭和の時代から。

もともと韓国で「ミョンテ(明太)」の子供(卵)として明太子という名がついていたのです。

スケトウダラは冬が旬。年末年始、お祝いの席などでもよく見かけるのはそのためです。

お歳暮などでもやりとりがあることから、数え方、単位を知っておくと自信をもってお話できるのではないでしょうか。

一腹、二腹の明太子を、ぜひお世話になったあの方へ、送ってみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました