明太子 スーパーで買うとまずい?美味しくない辛子明太子の話

ちょっとタイトルが紛らわしいのですが、「明太子ってスーパーまずい」と言うわけではありません。明太子はいたって普通に美味しのですが、スーパーで買った明太子が美味しくないのです。贈答用で頂いた明太子はあんなにも美味しいのに・・・
コレ、ずっと不思議に思っていました。ということで、スーパーで買った明太子と贈答用の明太子がなぜあんなにも味に違いがあるのか調べてみました。

明太子 スーパー まずい/今まで幾度となくトライしましたが・・・

今まで幾度となく、贈答用と同じような明太子を探してスーパーで明太子を購入しましたが、どれも贈答用の明太子とは程遠い触感でした。正直にいいますと、「別物」です。味とは出は無く、触感が違うんですよね?

明太子の粒のそろい方と言うか・・・うまく言語化できなくて申し訳ないのですが、粒子が雑と言うかわかりまうすかね?

贈答用の明太子の場合ねっとりして粒が丁度よい大きさで、おしとやかな触感なのです。それに比べて、スーバーで購入した明太子の場合、粒がぷりぷりしていてちょっと大きめで、雑な感じなんですよ!ピエン

結論!今まで本当に美味しい明太子をスーパーで購入出来たためしがありません。

あの有名な「かねふく」の明太子を購入してみましたが、残念な結果に陥りました。

誰が美味しい明太子がスーパーで買える情報があったら教えて欲しいぐらいです。しかし、自分でも見つけたいので、あきらめずに探したいと思います。

明太子 スーパー まずい/原材料による違い

そもそも美味しい明太子とは何ぞやということですが、私の思う明太子と皆さんが美味しいと思う明太子はきっと同じだと思います。美味しい明太子はそもそも原材料からして違うらしいのです。確かに触感が全然違うので、納得です。なんか粒の粒度が違うんじゃないかなと思っていました。贈答用の明太子の方がお上品と言うかなんというか・・・しつこいか?

明太子 スーパー まずい/理由はす張り・・・ガム子

実はスーパーで売っている安い明太子は原材料に「ガム子」を使用しています。ガム子と言うのは、未熟なスケソウダラの卵のことを言います。逆に贈答用などの美味しい明太子には原材料に「真子(まこ)」を使用しています。こちらもスケソウダラの卵ではありますが、産卵直前の成熟した状態です。この原材料の違いによって、明太子の味に違いが出るようです。

明太子 スーパー まずい/スケトウダラの卵は5つに分類される

先ほど美味しい明太子と美味しくない明太子で、使用されている原料が違うとの説明をしましたが、スケトウダラの卵の状態は2つではなく、5つの状態に分けることがで行きます。

1、ガム子
2、真子
3、目付け
4、水子
5、皮子

ガム子

こちらは、まだ卵が成熟していないので、ガム状になっていることからガム子と呼ばれています。

真子(まこ)

真子は贈答用の明太子で通常使用されている状態の卵です。

産卵する直前の状態の卵です。真の子だから真子でしょうか?分からいませんが真子を厳選して選んでいる明太子は総じて美味しいです。原材料にこだわるってとっても大事!味とか風味とか以前にあの食感は真子でしか実現できないんだと思います。だから価格が高くなってしまうんですね!安く済まそうと思えばスーパーで売っている明太子やたらこでも済みますが、素材本来のおいしい明太子やたらこを食べたいと思ったらやっぱり真子を使った明太子やたらこが絶対美味しいです。

目付け(めつけ)

目付けは全体の2割程度の抱卵した状態の卵です。

水子(みずこ)

水子は約半分程度抱卵した状態の卵を言います。

皮子(かわこ)

こちらはほとんど抱卵し終えた状態の卵を言います。

明太子 スーパー まずい/で結局なんで贈答用が美味しいのか?

原材料の違いで美味しさの違いがでるのは分かったけど、なぜ原材料の違いでなんで違いがでるのでしょうか?美味しい明太子のヒミツは実は、卵の「熟成度」にあります。スーパーで売られている安い明太子にはガム子が使われていることが分かりましたが、ガム子の場合まだ卵自体が熟成していない為、未熟な味になってしまうんですね?熟成するとハムやワインなんかも美味しくなるので同じような原理なんでしょうか?結論を言いますと、美味しさのヒミツは卵の熟成度にあるようです。

明太子 スーパー まずい/まとめ

スーパーで安く明太子を買いたいと思って調べてみましたが、結局卵の熟成度による味の違いなので、贈答用の高い明太子でないと美味しい明太子は食べられないようです。残念・・・しかし、あきらめきれないので引き続き美味しい明太子を求めてスーパーを行脚したいと思います

タイトルとURLをコピーしました