たらこと明太子の違いって何?同じ?

たらこと明太子、どちらもおいしいですが、違いってそういえば何?と分からななる人もいるのではないでしょうか。

今回は、たらこと明太子の違いについてしっていきたいと思います。

たらこ 明太子 違い/たらこの特徴と定義

ではまず、「たらこ」とは一体なにを指すのでしょう。

たらこは、スケトウダラの卵を塩蔵して作ったものをいいます。

「たらこ」はその名の通り、スケトウダラという“タラ”の子を意味する名前で、主にロシアやアラスカで獲れたスケトウダラの卵を冷凍し、日本へと輸入するケースが多いそうです。

日本の海では、北海道をはじめとして限られた地域でスケトウダラをとることもできますが、近年は捕獲量が減り、輸入に頼っているケースも多くあります。

たらこ 明太子 違い/明太子の特徴と定義

では、明太子とは一体なんでしょうか。

明太子が福岡で有名であることを知っている方は多いのではないでしょうか。

明太子は、たらこのようにスケトウダラの卵を使いますが、塩蔵ではなく、唐辛子を含んだ香辛料を使って漬け込んだものです。

しかし、もともとは九州地方の方言で「たらこ」を示していたもので、現在の多くのイメージとしてあるこの辛い明太子は「辛子明太子」と区別されることもあります。

福岡県ではスケトウダラをとることは難しいので、もともとの卵は輸入や県外からの調達に頼っているケースが多いです。

たらこ 明太子 違い/たらこは日本発祥、明太子は韓国発祥

では、たらこと明太子はなぜこんなに名前が全然違うのでしょうか。

たらこはもともと「鱈の子」と呼ばれていたように、読んで字のごとくスケトウ“タラ”の子を表しています。

その歴史は長く、少なくとも江戸時代にはたらこは食されており、長い時間をかけてたらこと呼ばれるようになっていったようです。

それでは、「明太子」は一体どこから来た名前なのでしょうか。

明太子という名前は、もともと韓国語でスケトウダラを意味する「明太(ミョンテ)」からきています。

明太の子だから明太子となるのですが、その歴史は第二次世界大戦後の日本兵が韓国で味わった韓国の伝統料理「明太子のキムチ漬け」であったと言われています。

たらこ 明太子 違い/まとめ

たらこと明太子のちがいは、味だけだと思っていた方も多いのではないでしょうか。

歴史とともに考えてみると、そこに生きた人々の生活や、日本人としての食文化が見えてくるのではないでしょうか。

今ではスーパーでも簡単に手に入り、おいしく食べれるようになった明太子やたらこ。

ぜひ、かみしめて味わってみてはいかがでしょうか。

明太子 通販 おすすめ

タイトルとURLをコピーしました