明太子はなんの卵 何の子 親の魚は?

明太子大好き!という人も、明太子が一体なんの卵なのか知っている人は多くないかもしれません。

というわけで今回は、明太子はいったいどんな魚からとれるものなのか、調べてみました。

明太子 なんの卵/明太子はスケソウダラの卵で作られています。

明太子の原料(原卵)は、“スケソウダラ”というタラの仲間です。

スケソウダラの卵巣を調味液などを使って加工したものが明太子とよばれます。

そしてこのスケソウダラ、実は明太子で有名な博多のある九州地方では獲れないのです。

なのになぜあんなに明太子が有名なの?と思いますよね。

日本でスケソウダラが取れるのは北海道くらいです。

北海道では言わずと知れたタラコの存在があります。

意外と知られていないかもしれませんが、この二つは同じスケトウダラの卵。

タラコはそれを塩漬けし、明太子はさらに調味液で味付けしてあるのです。

親が同じ魚卵でいえば、筋子といくらも同じサケの子ですよね。

ちなみに、数の子の親魚はニシンで、とびっこの親魚はトビウオです。

日本では実にいろんな種類の魚卵が食べられているのですね。

明太子 なんの卵/たらこと明太子の違い

ではつぎに、たらこと明太子の違いについてです。

結論からいうと、ふたつの違いは名前の由来です。

「たらこ」は想像しやすいかもしれませんが、親魚であるスケソウダラがタラ科の魚なので、その子供で「タラ子」です。

一方、明太子は韓国でスケソウダラを表す「明太(ミョンテ)」の子供で「明太子」です。この漢字は中国でも使われており、呼び方にいたっては中国、ロシアでも「ミンタイ」と、それぞれ非常に似ていることがわかります。

さらに、関東で「明太子」ときくと、唐辛子の入った辛いたらこを思い浮かべる人もおおいかもしれません。

しかし、九州では「明太子」はたらこのことを示していて、辛いたらこは「辛子明太子」と呼びます。

明太子 なんの卵/明太子は真子を使用

スケトウダラの卵は、獲れた時期(タイミング)によって卵の状態にランク付けをしています。

「ガム子」と呼ばれる産卵まで少し時間のある未成熟の状態の卵巣から、「真子」と呼ばれる産卵直前の成熟した卵巣、そして「水子」と呼ばれる2割ほど放卵した状態の卵巣と「皮子」と呼ばれるほとんど放卵し終わった皮の状態の卵巣に分かれています。

明太子やたらこは、このなかでもっとも成熟している「真子」をめがけて原料の卵(卵巣)を仕入れています。

ガム子はまだ皮が厚い状態ですが、真子になるとほどよいプチプチ感を保ちつつみずみずしいうまみたっぷりの状態になっているからです。

明太子 なんの卵/まとめ

いかがでしたか?

明太子は今やいつでもどこでも買えるような存在になっていますが、原料の吟味や調味があって、わたしたちはあたりまえのようにおいしく明太子を食べれているのですね。

そしてその明太子がスケトウダラという魚から生まれた卵だと知ることで、生命の恵みを改めて感謝することができました。

より一層ひとくちひとくちを味わって、おいしい明太子ライフを送りましょう。

明太子 通販 おすすめ 

タイトルとURLをコピーしました