ヒフミドには界面活性剤が使われている?詳しい全成分を調査しました

ヒフミド 界面活性剤 スキンケア

ヒフミド 界面活性剤

製薬会社がヒト型セラミドにこだわって10年以上の研究により、独自処方のセラミドを配合した「ヒフミド」ヒフミドって界面活性剤は使用されているの?

安全性や副作用は大丈夫?

と言った疑問をお持ちの方も多いのでは。

毎日使用するものだから、安全性の高い化粧品を使いたいですよね。

ヒフミドはあらゆるテストをクリアして安全性も製薬会社ならではの、「医薬品品質」え商品を管理しています。

そんなヒフミドの副作用や安全性、「ヒフミドの界面活性剤」についてまとめましたので、是非ご参考にして頂ければ幸いです。

この記事を通して分かること

☑ヒフミドの界面活性剤について

☑ヒフミドは副作用や安全性に問題は

☑ヒフミドの配合されている成分

ヒフミド 界面活性剤 全成分 解析 調査しました

ヒフミドに使用されている界面活性剤とは危険はない?界面活性剤って何?

ヒフミドに使用されている界面活性剤とは危険はない?

界面活性剤は、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称です。構造としては、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。この構造が、本来、水と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするのです。代表的なものに石鹸(脂肪酸塩)があります。また、洗剤の他にも、医薬品、化粧品、食品などの成分としても広く使われています。引用:花王公式サイト

このように界面活性剤は様々な製品に日常から使わてれています。

ヒフミドで使用されているのは、油分と水分を混ぜる目的で使用されているので、洗浄成分の強い合成界面活性剤のそれとは異なります。

世間一般では、界面活性剤はすべて悪者のようなイメージがありますが、少量でこのような使用方法であればお肌の刺激にもなりにくい成分です。

また、小林製薬は医薬品も製造している会社なので、お肌への影響も考慮し徹底的に試験を行って原材料から管理することで、安心して使用できる商品を開発しています。

初めから単品購入が心配な方は、トライアルセットがあるのでそちらから始めるのもおすすめです。


ヒフミドに界面活性剤は使用されている?

ヒフミドに界面活性剤や合成界面活性剤が含まれているか調査してみました。

界面活性剤や合成界面活性剤と効くと、良い意見よりも悪い意見を持つ方が大半だと思いますが、実は界面活性剤すべてが悪い成分ということではありません。

化粧品などの成分に詳しい方が近くにいたら教えてもらうのも良いかもしてませんが、なかなかそんなお友達や知り合いがいる方も少ないと思いますので、ここで少し界面活性剤について解説してみたいと思います。

まず、界面活性剤と一口に言っても様々な種類があるのはご存知ですか?

何か世間では、やばい成分で化粧品全成分に配合されているのは悪みたいな風潮がありますが、そうでもありません。

確かに、敏感肌の方やアトピー肌などのお肌にトラブルを抱えた方にとっては、刺激になってしまう場合も実際にはありますが、健康的なお肌の方や使われている界面活性剤や使用している化粧品によっては問題なく使用できます。

では、なぜ界面活性剤が悪者あるかいされてしまうのか?

その答えは、洗浄力の強い界面活性剤、特に合成界面活性剤がお肌のトラブルや肌荒れwp起こしている炎症を起こしているお肌には刺激になってしまうばあいがあるので、避けた方が良いので悪者扱いされてしまいます。

それ自体は毒性のある成分ではありません。

問題視されている界面活性剤は合成界面活性剤で、合成界面活性剤には、肌のバリア機能を壊したりするともいわれているので、一部の合成界面活性剤は注意が必要ですが、すべてが悪いものではありません。

分岐型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABS)、ノニルフェノールエトキシレート(NPE)などに代表される合成界面活性剤は、古典的な石鹸に比べて洗浄能力に優れたため、20世紀後半には世界の先進国で飛躍的に使用量を増加させました。 しかし、ABSやNPEは生分解性が悪かったため、大量使用によって河川汚染などの弊害が明らかとなり、次第に使用が自粛されるようになります。つまり、一般的に指摘される界面活性剤の毒性は、合成界面活性剤の生分解性の低さによる環境中への残存が、大きな理由のひとつなのです。

引用:モノタロウ

このように、合成界面活性剤といっても約3000種類もあり、すべてに毒性がるのかと言うとそうではありません。

先ほどもご説明した通り、合成界面活性剤を使用していないヒフミドは安全性に問題がないと言えるでしょう。

ヒフミドに使用されている界面活性剤はこちら。

・リピジュア

・ポリクオタニウム-51

・ポリクオタニウム-61

上記3つですが、高分子のポリマー(水溶性保湿剤)です。

様々な化粧品に使用されており、安全性、皮膚刺激性、毒性、アレルギーなどほぼなく、安全性の高い成分と言えるでしょう。

また、その特性といたしましては、ヒアルロン酸の約2倍の保湿性を持つという特徴があります。

【ヒフミド 界面活性剤】ヒフミドの全成分と成分解析

やはり成分を確認してみないことには本当に体に悪い成分が配合されていないのか、確認できませんよね。

実際に成分を確認することで、その成分がどのような成分を配合していてどの成分が多く使用されているか確認することが出来ます。

成分の種類によっては、あなたのお肌に刺激が強い成分が配合されているかもしれないので、使用する前にパッチテストやアレルギーテストをすると良いと思います。

【ヒフミド 界面活性剤】ヒフミド マイルドクレンジング<メイク落とし> 成分

【ヒフミド 界面活性剤】ヒフミド マイルドクレンジング<メイク落とし> 成分を詳しく解説

水,パルミチン酸エチルヘキシル,DPG,グリセリン,ステアリン酸ポリグリセリル-10,イソノナン酸イソノニル,ジグリセリン,ペンチレングリコール,セラミド1,セラミド2,セラミド3,アルテア根エキス,ゼニアオイ花エキス,グリチルリチン酸2K,BG,オリーブ油脂肪酸セテアリル,オリーブ油脂肪酸ソルビタン,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,カルボマー,キサンタンガム,フェノキシエタノール,水酸化K

【ヒフミド 界面活性剤は?】ヒフミド ソープ<洗顔せっけん> 成分

ヒフミド ソープ<洗顔せっけん> 成分

カリ含有石ケン素地,水,ラウリン酸,セラミド1,セラミド2,セラミド3,ダイズステロール,ポリクオタニウム-51,加水分解ローヤルゼリータンパク,グリチルリチン酸2K,コンフリー葉エキス,フユボダイジュ花エキス,ボタンエキス,グリセリン,スクワラン,セルロースガム,フェノキシエタノール,イソステアリルアルコール,エチドロン酸4Na,酸化亜鉛,酸化チタン,シリカ,水酸化Al,デキストリン,トコフェロール,クエン酸

【ヒフミド 界面活性剤】ヒフミド エッセンスローション(化粧水) 成分

ヒフミド エッセンスローション(化粧水) 成分

水,BG,グリセリン,ジグリセリン,ベタイン,ペンチレングリコール,メチルグルセス-20,セラミド1,セラミド2,セラミド3,グリセリルグルコシド,カンゾウ葉エキス,ポリクオタニウム-51,ポリクオタニウム-61,ナットウガム,オレイン酸,PEG-60水添ヒマシ油,アルギン酸Na,キサンタンガム,ポリアクリル酸Na,フェノキシエタノール,トコフェロール,クエン酸Na

【ヒフミド 界面活性剤】ヒフミド エッセンスクリーム<保湿クリーム> 成分

ヒフミド エッセンスクリーム<保湿クリーム> 成分

水,BG,ミリスチン酸ポリグリセリル-10,グリセリン,セラミド2,ダイズステロール,イソステアリルアルコール,ペンチレングリコール,ホホバ種子油,スクワラン,セラミド1,セラミド3,グルコシルセラミド,ポリクオタニウム-51,ポリクオタニウム-61,キハダ樹皮エキス,PCA-Na,マカデミア種子油,マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル,α-グルカン,カルボマー,フェノキシエタノール,トコフェロール,水酸化Na

【ヒフミド 界面活性剤】ヒフミド UVプロテクト<日焼け止め・化粧下地> 成分

ヒフミド UVプロテクト<日焼け止め・化粧下地> 成分

水,グリセリン,トリエチルヘキサノイン,酸化チタン,BG,オリーブ果実油,ベヘニルアルコール,ペンチレングリコール,含水シリカ,ジメチコン,セラミド1,セラミド2,セラミド3,ダイズステロール,カンゾウ葉エキス,ヒメフウロエキス,アルカリゲネス産生多糖体,エチルヘキシルグリセリン,ポリクオタニウム-51,オレイン酸フィトステリル,セチルジメチコン,バチルアルコール,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),カルボマー,グリチルレチン酸ステアリル,酸化鉄,シリカ,トコフェロール

【ヒフミド 界面活性剤】ヒフミドの防腐剤は安全!毒性は無い?

さてヒフミドに防腐剤は使用されているのでしょうか。

防腐剤と効くと、界面活性剤同様に防腐剤も世間では悪い印象があるのではないでしょうか。

ちょっと心配になってしまいますよね。

身体に付ける成分だから、毒性のあるような成分を付けてしまうのは避けたいですよね。

本当に肌に優しい成分が配合されているのか、気になるところだとおもいますが安心してください。

流石製薬会社で商品を開発しているだけあって、防腐剤であっても天然成分の防腐剤を使用しているので、安全性については問題ないと言えるでしょう。

天然成分を使用しているので、お肌に優しく使用できます。

【ヒフミド 界面活性剤】ヒフミド 毒性

【ヒフミド 界面活性剤】ヒフミド 毒性

ヒフミドに使用されている配合成分を確認してみると、毒性の恐れのある成分は使用されていませんでした。

界面活性剤や防腐剤を使用していますが、お肌の毒性の恐れのある成分不使用で、低刺激な成分を厳選して配合しています。

界面活性剤と効くとすぐに毒性や危険な成分といった間違ったイメージが先行してしまい、お肌にとって刺激の少ないものであったも悪いものだととらえている方も少なくありません。

しかし、界面活性剤と言っても実に様々な種類が作られておりすべてが毒性があったり危険性があるわけではなく、毒性や危険性があるものは一部の成分です。

もちろんヒフミドは小林製薬がしっかりとその安全性試験を行っているので、お肌にとって危険な成分は使用していません。

ヒフミド 界面活性剤/まとめ

ヒフミドの界面活性剤や成分、防腐剤や毒性について調べてみました。

実際に使用されている成分はしっかりとテストしているので、その点については安心して使用できるようです。

また、知らないようなメーカーではなく、「小林製薬」と言った大手のメーカーで作っているので、その点についても安心感は高いと思います。

メーカーとしても医薬品品質で商品の管理を行っているので、管理は行き届いていると言えるでしょう。

正し化粧品は使う方のお肌の状態や体質によってすべての方にとってアレルギーや肌トラブルが起こらないとは言い切れません。

商品を購入する前に、トライアルセットなどでお試ししてからの方がおすすめですよ。

トライアルセットなら、980円からお試しできるのでまずはトライアルしてみてはいかがでしょうか?


タイトルとURLをコピーしました