マットレス へたり 復活 確認方法やヘタリにくいマットレス教えます

マットレス

マットレスがヘタリを感じた場合の再生方法についてご紹介いたします。
「寝起き体バキバキ」なんて方は、マットレスの「ヘタリ」が原因かも?
私もマットレスがヘタって体がバキバキになりましたので、凄く気持ちが分かります。

そこで、こちらの記事をご紹介しようと考えましたので、参考にして頂ければ幸いです。

マットレスはなぜヘタってしまうのか?

マットレスはなぜヘタってしまうのか?

そもそも何故にマットレスはヘタってしまうのでしょうか?

同じ場所に負荷がかかり続けることで、

マットレスがヘタってしまいます。

寝る体制はそれぞれ個性がありますが、決まった姿勢で寝るので一定の場所に圧力が掛かりやすくなり、その場所が特にヘタリが進行します。

ですから、一定期間で負荷の掛かる場所をローテーションすると長持ちしますよ!

マットレス へたり 復活/応急処置の方法3つのポイント

①詰め物の位置を変更する
②マットレストッパーをマットレスの上に敷く
③マットレスの位置を変更する

①詰め物の位置を変更する

使用ているマットレスの詰め物(あんこ)が入れ替えできるタイプのマットレスの場合には、一番へ立っている場所とへ立っていない場所を変更することで使用感が変わります。
すでにどの部位もヘタってしまっている場合には、そもそも寿命ですので買い替えを検討しましょう。

②マットレストッパーをマットレスの上に敷く

現在使用しているマットレスにベッドパットを使用しているのであれば、ベッドパットを買い替えることで寝心地の改善がみられます。
また、マットレスには「マットレストッパー」なるものが存在しています。

③マットレスの位置を変更する

マットレスが両面使用可能な場合には、マットレスを裏返しにすることで寝心地が改善されます。また、上下を入れ替えることでも寝心地が改善する場合もあるので、上下を逆さまにするのも良いでしょう。

マットレス へたり 復活/マットレス へたり 確認

マットレスがヘタっているか、一見判別が難しいですよね?そこで、マットレスのヘタリ具合の注意ポイントを箇条書きにしてみました。

・ウレタンマットレスの一部が凹みがあり、ぺしゃんこ
・ウレタンが明らかに薄くなっている
・押して見ても反発感が無い
・コイル入りマットレスのバネがギシギシ音がする(この場合買い替えが必要)
・寝たときに背中にコイルを感じる
・コイルの一部が戻ってこない

上記のような症状がある場合には、マットレスのヘタリが原因ですので、買い替えか応急処置が必要です。
そのまま使用すると、疲れが取れなかったリ、体のゆがみにつながります。

マットレス へたり 復活/ヘタリにくいマットレスの選び方

マットレスにも様々な種類があり、価格にしてもピンからキリまであります。どんなマットレスを選べばヘタリが少ないのしょうか?

ウレタンマットレスの場合には、密度と復元率である程度ヘタリ辛さが分かります。ウレタンマットレスはメーカーで密度・復元率を公開している場合が多いので購入の際は確認するようにしましょう。

密度が掲載されていない場合には、ウレタン質量÷体積で計算することが出来ます。

・質 量が 6kg
・サイズ 長さ196cm 幅97cm 厚さ10cm(体積=1.96×0.97×0.1)ウレタン質量(6kg)÷体積(0.19m³)=密度31.58kg/m³)
寿命密度復元率
~1年20D前後90~95%
3~5年25D前後95~96%
5~8年30D前後96~98%
8年以上40D前後98~99%以上

上記を見てもらえると分かりますが、復元率が高くかつウレタン密度が高いものがヘタリに強いマットレスです。よって、高復元率で高密度のマットレスがヘタリについ良いマットレスと言えます。ですが、使用者の使用方法やメンテナンスの仕方によっては、ヘタリが早く進行しますので、使用後のメンテナンスをこまめに行いましょう。

マットレスには大きく分けて3種類のマットレスがあります。

①ウレタンマットレス
②ポケットコイルマットレス
③ボンネルコイルマットレス

ヘタリに強いのはコイルを使った、ポケットコイルマットレスとボンネルコイルマットレスです。耐用年数はどちらも5~10年程度が多くありますが、価格の高いものでは30年持つものもあります。

マットレス へたり 復活/ヘタリにくくする方法

マットレスのヘタリにくい方法なんてあるの?

もちろんマットレスがヘタリにくい方法があります。

先ほども少し説明しましたが、マットレスの「ローテーション」が有効です。

マットレスの上下や裏表、3つ折りマットレスの場合には、マットレスの入れ替えや裏表を変更するなど、3ケ月ごとのローテーションが高価的です。

また、人間は寝ている間にコップ一杯ほどの汗をかくと言われています。なので、湿気がマットレスにたまりやすくなってしまい、ウレタンやコイルへの劣化を早める原因になります。ですから、マットレスを使用した後は、乾かしてあげることで長く使用できます。

 

マットレス へたり 復活/フランスベッド マットレス へこみ

マットレスを見ると一部がへこんでいる場合があります。へこんでいる部分はヘタリが発生しているので、裏返したり上限を変更してローテーションを行います。それでもダメな場合には、買い替えを検討しましょう。

マットレス へたり 復活/まとめ

マットレスのヘタリの復活方法についてご紹介いたしました。

タイトルとURLをコピーしました